不眠症がひどくなる前に、精神科に通い治療をしてもらおう

尿漏れのトラブル

泌尿器科は、主に腎臓や排尿に関する病気や症状を診療する科目ですが、更年期障害に対する治療を行っているところも数多くあります。 最近では男性でも更年期障害を発症する人が多いと言われていますが、男性が更年期になると倦怠感や気分の落ち込みなどの他に、性欲減退や勃起不全などの症状が現れる場合もあります。 男性の場合は男性ホルモンが減少することが原因となりますが、一般的には40代を過ぎた頃から更年期の症状が現れてくる人が増えてくると言われています。 精神的な症状が強い場合はうつ病などと勘違いされがちですが、更年期障害による気分の落ち込み等は、泌尿器科でホルモン補充療法を行うことで症状が改善されることがあります。

女性の場合は年齢を重ねると尿漏れで悩む人が増加します。尿漏れにはいくつかのタイプがあり、人によって一度に漏れる量も違いがありますが、泌尿器科では尿漏れの治療を受けることもできます。 女性の場合は、くしゃみや咳をしただけでも尿が漏れる人も多いですが、現在では治療薬によって尿漏れを起こしにくくしたり、薬が効かない場合は手術による治療も可能になっています。 女性の場合は出産によって骨盤底筋が緩み、早い人では30代や40代で尿漏れに悩んでいる人もいると言われています。 恥ずかしくて医療機関の受診をためらう人も少なくありませんが、最近では女性医師のいる泌尿器科もインターネットなどで調べればすぐに見付けることができます。