不眠症がひどくなる前に、精神科に通い治療をしてもらおう

対策が大事

意外なことが原因になる

アレルギー性鼻炎で苦しんでいる方は、たくさんいますが、原因については知られていないことがたくさんあります。 杉などの植物によるアレルギーやハウスダストは、アレルギー性鼻炎の原因として一般的になってきましたが、ダニやほこりは、どんなところに潜んでいるか、知らない場合ガ多いのです。 まず、家の中では、布製品全般が対象になります。 カーペットや布団は、よく知られてきましたが、布製のソファやクッション、ぬいぐるみなども要注意です。 座ったり、動かしたりするたびに、ほこりが飛び交うことになるので、マメに洗ったり、掃除機などで、ほこりを取りましょう。 又、温度差によるアレルギー性鼻炎というのもあります。 寒い屋外から暖かい室内に移動したり、その反対に、暖かいところから寒いところに移動したりする時に、急に鼻水が出るアレルギー性鼻炎もあります。

アレルギー性鼻炎の対策方法

アレルギー性鼻炎は、まず、アレルゲン(アレルギーの原因)を自分から遠ざけることから、対策が始まります。 花粉であれば、必ず外出時にマスクをするのは、もう一般的になってきましたが、目の粘膜も花粉に反応するので、メガネやサングラス、できれば、顔との間に隙間の空かないゴーグルタイプのものが、おすすめです。 マスクがどうしても苦手という方も、今は、様々なタイプのマスクが発売されていますので、アレルギー性鼻炎の原因を体内に入れないよう、注意しましょう。 ほこりなどに敏感な方は、古着屋さんの入店も避けた方がよいでしょう。古いものは、みがいてあっても、隅にほこりなどが残っていて、くしゃみなどの原因になりえるからです。 又、掃除や模様替えの時にほこりが舞うのは当然ですが、衣類をたたんだり、動かしたりする衣替えの時も、細かい繊維が舞いますので、要注意です。